セミナー

物流経営者セミナー

『働き方改革』は会社を伸ばすチャンス⁉ 

~ これからを見据え、今物流会社が取り組むべき事 ~


<主  催> 国際物流総合研究所

<日  程> 2018年7月25日(水)

<講  演> 13:30~17:00

<参加費> 8,000円(税抜)/e物流会員 無料


<会  場> 国際物流総合研究所 セミナールーム

<住 所>  東京都中央区日本橋人形町1-6-10 ユニコム人形町ビル7F

 

「働き方改革」のやり玉に挙げられた運送業。関連省庁はダメな企業を厳しく罰し、優良企業を評価・支援するモデルを幅広く横展開、業界の底上げを目指し法制度の見直しに取り組んでいる。

その背景にあるのは、2024年に導入を目指す「自動車運転業務への罰則付き時間外労働の上限規制」だ。政府の大号令のもと、国交省のほか経産省、厚労省、農水省、警察、環境省は、役割を分担しながらテーマ毎に具体的な88の工程表を作成、5月末に公表している。

すでに実施されている、運送約款改訂、行政処分厳罰化、睡眠点呼など個別事象の背景を理解すれば、物流会社は「守り」から一本踏み込み、優良企業としてこれらの法制度を追い風にすることも可能だ。本セミナーでは、自社の立ち位置を再確認し、足場を確保した上で、優良企業としてインセンティブを享受するためのヒントを持ち帰って頂きたい。

 

 【 プログラム 】 

13:30~15:00
【講演】
法制度を追い風に。奨励される生産性向上
〜政府の意図はどこに?運送約款改訂、荷主勧告制度〜
講師:  国際物流総合研究所 主席研究員 仙石惠一

15:10~16:40
【講演】
物流会社も荷主。業界の実態と今できること
自社のコンプライアンスを再チェック
講師:  国際物流総合研究所 代表主席研究員 岩﨑仁志


16:40~17:00
お知らせ

 

●受講票送付:ご入金確認後、E-mailでお送り致します。

●ご注意事項

※ キャンセルの場合は、前日までにご連絡下さい。

※ 録音・撮影はご遠慮願います。

※ 各講師・講演内容につきましては、都合により変更になる場合がございます。

予めご了承下さい。
 

●お問合わせ先
一般社団法人国際物流総合研究所
事務局
電話:03-3667-1571 FAX:03-3667-1581
E-mail:seminar1@e-butsuryu.jp

価格

担当講師

講師画像

講師 主席研究員 仙石 恵一

講師 国際物流総合研究所 代表主席研究員 岩﨑 仁志

セミナー申込み

受付を終了いたしました。ご応募ありがとうございました。



カレンダー
新着セミナー