愛と繁栄を実現する経営改革

「社員は”手足”か”頭脳”か?」

2018年12月12日

「愛と繁栄を実現する経営改革」

 

伝説の経営コンサルタント一倉定氏は、「経営者はワンマンであれ!」と言う。

”業務意思決定は社員に任せても、経営意思決定は社長自身が行わねばならない”。

”もし経営が破綻したら責任を問われるのは社長なのだから、重要な決定は自分の責任で行え”と。

しかし今日、経営意思決定も権限委譲すべきとの意見が大勢だ。独裁はダメだ、民主的やり方が良いと。

では、どちらが正しいか? すなわち、ワンマン型で社員を「手足」として扱うのが正しいか、それとも権限委譲型で社員も「頭脳」として扱うのが正しいか?

先日、RIZAPの決済発表があった。子会社不振により今期は最終赤字に転落見込とのことだ。

社長は、理由を「権限委譲の名のもとに現場主義を進めてきたが、結果として放置してしまうことになった」ためと説明しており、対策として「今後は一社一社をしっかり見ていきたい。」と述べている。(11/16日経MJ誌)

同社は最近事業の多角化を目的とする「RIZAP経済圏」を目指して、生活雑貨やアパレルや美容分野などを次々と買収し、買収した子会社の経営を”中途採用の専門家”たちに任せた。(同誌)

任された”中途採用の専門家”たちは、異なった社風、異なったビジネススタイルの中でやってきて、経営のやり方はまちまちだ。また経営手腕レベル的にも優秀な人もダメな人もいる。そういう中で、子会社を買収しさえすれば、自動的にシナジーが発生して全てがまとまりうまくいくというものではない。

こういうときは「手足」でいくべきだ。そして、社風やスタイルやレベルが一つにまとまったところで「頭脳」に切り替えるべきだ。

この判断ミスの影響は大きい。同社は不採算事業を切ると言っており、近く多額の事業整理損を抱えることになろう。

一方、ユニクロは、伸びている時は「手足」でやり、出店が一段落してからは「頭脳」に切り替えてうまくいった。

以下、同社の柳井正氏の著書から引用する。

「1990年代前半の(急成長していた)頃は「手足」が正しかった、もし一人一人の社員が発想して(すなわち「頭脳」になって)やっていたら進路や方向性を失っていたはずだ。トップダウンの体制でなければ、次々と高くなるハードルを乗り越えることは難しかったと思う。」

「会社の成長過程からするとこんな時期も必要かもしれないが、「手足」はそのままでは満足できないはずだ。」

「どんな優秀な経営者でも、全ての業務を一人で完璧に操りフォローできるということはありえない。各業務、各部門の「手足」が同時に「頭脳」でなければうまく仕事が回らないし、完結しないはずだ。」と述べ次のように結んでいる。

「企業には成長のステージごとに最適な教育が必要なのだ。」と。(柳井正著「一勝九敗」より)

社員は”手足”か”頭脳”かの答えは、ユニクロのように「同じ会社でもステージごとに異なる」とするのが正しいと思う。

わくわく経営株式会社
URL : https://www.wk2.consulting/

著者プロフィール

山田隆明

主任研究員

公的資格など
・経営計画コンサルタント
・公認会計士
・ITコーディネータ

職歴
株式会社インテック


IT企業で10年間”飛び込み営業”を経験し、3年目からトップセールスを続けました。その間、多くの修羅場で泥にまみれた経験から実務型”問題解決スキル”を修得しました。また、自分で「担ぐ商品」も「売り方スタイル」も決めざるを得なかった経験から、豊富な”営業スキルとマーケティングスキル”も修得しました。これまでIT業界勤務、監査法人勤務、会計事務所経営で何十社もの会社の経営に深く入り込んで経営支援してきたことに加えて、現在数社の社外取締役として経営に参加しています。

得意分野

  • 「経営戦略」立案支援
  • 「経営計画」立案支援
  • 「経営管理PDCA」実践支援
無料診断、お問い合わせフォームへ