物流ウィークリー 編集長のこの1本!

取引環境・労働時間改善奈良県協議会 約3割が値上げ「できた」

トラック会館で10月3日、第7回トラック輸送における取引環境・労働時間改善奈良県協議会(蓮花一己座長、帝塚山大学学長)が開催された。

7月に県内の事業者に対して実施した運送約款改正アンケート調査の結果が報告され、「待機時間は発生しているか」の問いに27%が「発生している」、46%が「時々、発生している」と回答。新運送約款を届け出た事業者を対象に「運賃・料金の値上げができたか」の問いには、「できた」が28%、「できなかった」が11%、「現在、交渉している」が42%という結果になった。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/41081/


 ドライバー求人サイト支持率1位【ブルル】
→ https://www.bruru.jp

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら