物流ウィークリー 編集長のこの1本!

火災トラブル 原因明確化には画像や映像の記録が重要

過去に車両火災が発生し、現在も車両火災を巡って自動車メーカーと係争中の大阪市の運送A社が、車両トラブルや火災に関して証拠となる写真などの記録が少ないことを明かし、火災状況やトラブルの原因明確化を図るためにも、写真や映像の記録が重要だと説明する。

A社は数年前、走行中にエンジン部分で爆発音がし、エンジン部品が道路上に落下し、その後、車両が炎上した。その当時、同社の車両整備などを行う担当者らが炎上した車両を写真などで記録していた。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/44025/



ドライバー求人サイト「ブルル」 春の繁忙期応援キャンペーン!
 → https://www.bruru.jp/cam_201902/request.html?cp=4

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら