経営者インタビュー「物流最前線をみる」

人を大切にする会社の育成を、売上に走らず人間力で品質向上

経営者インタビュー ~物流最前線をみる(12)~
ILRS-NEWS Vol.465

 

株式会社AZUMA 上田裕子 社長

御社にとって重要な経営課題は何か。

(上田社長)私は人を大切にする会社を作りたい、そういう会社に育てていきたいとずうっと考えてやってきたので、それを実現することである。ある時期、経営者としてもっと勉強しなければと思い、稲盛和夫先生(京セラ創業者)が主宰する盛和塾に入ってブレない経営に必要なことや、おごらない心を忘れてはいけないことなどを学び、中小企業同友会で経営指針労働委員長を5年務めさせていただいた。人を大切にする企業理念を掲げ、熊本の商工会議所から震災前に会頭賞をいただいたが、その後熊本は大震災に遭い、立て直しに追われた。いま復興に向けて落ち着いてきたので、今回再度エントリーしている。先日、経営学者の坂本光司先生(人を大切にする経営学会長)の講演で人を大切にする企業の意義をお聴きし、私のやってきたことは間違っていなかったとの思いを深めている。

― ドライバーの安全対策はどのように対応しているのか。

(上田社長)全社的な年間の方針発表会、安全大会を各年1回開いているほか、各部署単位では定期的なミーティングや講師による研修など行っている。ミーティングでは中小企業同友会の進行バージョンに沿って、事故事例を各グループで議論し、リーダーが発表している。このほか安全衛生委員会、車両管理委員会など委員会活動を通しての安全対策も行う。女性の編集による社内報を四半期ごとに発行し、啓発も行っている。

― 人手不足や働き方改革についてどう対応されているのか。

(上田社長)人手不足に関して、九州では他地域で言われるほど不足感はなく、高齢者はいるが、夜間配送をなくせば若者も入ってくる。会社としては人を大切にすることを第一にしており、決して売上主義に走らず、品質を保って労働時間を短くすることを考えている。そうすれば事故も減るし、人間力も上がって品質向上につながる。女性ドライバーの活用については、成功している企業の事例を参考にさらに進めていきたい。

(聞き手:葉山明彦)


株式会社AZUMA
熊本県上益城郡嘉島町井寺225-1 

代表取締役  上田 裕子
ホームページ http://www.azuma-inc.com/

経営者インタビュー「物流最前線をみる」

経営者インタビュー「物流最前線をみる」

配信頻度:隔週
物流会社がいま何を問われ、何を最重視して取り組んでいるのか。また、安全対策は…、社員教育は…。いま直面する問題にどのように対応しているのかを経営者に直接インタビュ-し、生の声をお届けします。

経営者インタビュー「物流最前線をみる」一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら