物流ウィークリー 編集長のこの1本!

進む労働時間抑制 運送事業者の考え方に変化 「トラック1台でいくら稼ぐか」

「車好きで稼ぎたい若者たちに、どう説明していいかわからない」と、働き方改革に伴い、業界で進められている労働時間の抑制に対して、事業者の苦悩する声が漏れ聞こえてくる。

業界ではいま、生産性の向上が求められており、積載効率や配車効率の向上が喫緊の課題となっている。これが、事業者の考え方に変化をもたらせており、ドライバー1人に対し、1台のトラックという概念が少しずつ薄れようとしている。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/48366/


特車申請のことなら・・・
⇒ https://weekly-net.co.jp/tokusha/

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら