経営者インタビュー「物流最前線をみる」

人手対策、多能工化と再々雇用で 出荷混雑改善・待機時間を短縮

経営者インタビュー ~物流最前線をみる(18)~
ILRS-NEWS Vol.477

 

東洋ガラス物流株式会社 西 社長

御社にとっていま経営の最重要課題とは。

(西 社長)人員を最小限確保したうえで効率的な労働体制をいかに作っていけるかだ。当社は東洋ガラス(株)の物流子会社でガラスびんの供給物流を中心に運営、運送はパートナーに外注しており、構内作業と運送管理を含む物流管理が主な仕事だ。ガラス生産量は1990年をピークに年々縮小しているため、長い目ではこの規模に応じて人員を減らしてきた。ただ、ガラスびんにはシーズン性があり、波動に対応しなければならないのだが、波が高くなった時に採用補充が難しく、今の人員でなんとか乗り切っているのが現状だ。募集は主にフォークリフトオペレーターだが、確保がとても難しくなっている。その対応で考えたのが既存社員の多能工化、わたり作業だ。無理な作業にならないよう、じっくり時間をかけて進めている。

多能工化、わたり作業とは、どのような業務を拡大するのか。

(西 社長)当社は重機による原料投入作業及び、同じ倉庫にいても生産倉入れと出荷作業では部署が異なる。そのほかパレット洗浄業務やセパレートシートクリーニングなど付随した作業がある。これをそれぞれの担当者が業務の垣根を越えて作業する。要はその日、その期間の仕事量が多いところに人材を投入し、各業務の人員を変動させ仕事をこなす。重機運転資格者も増やすとともに無理のないようコミュニケーションをしっかりとって進めている。

新規採用が難しいとなると、定年退職者の再雇用など行っているのか。

(西 社長)定年後の再雇用は既に65歳まで雇ってきたが、高齢者が残業はシンドイので敬遠すれば残った人が負担を負う。そこで本人にやる気があるなら65歳以上でも働けるようにした。フル日の労働がいやなら週3日、あるいは1日3時間勤務でもよいし、こちらが日をオファーして応じたら勤務日にするなどいろいろなパターンを作って再々雇用で働いてもらっている。

― 運送はパートナーに外注しているが、どのような点に重点を置き管理しているのか。

(西 社長)昔は雪が降りそうだとドライバーには前日から行って待って欲しいとか言えたが、いまはそんなわけにはいかない。ドライバーの待機時間が問題なので、これを改善していかに気持ちよく来てもらい、持って行ってもらうかを考えている。ガラスびんの生産は窯で溶かし、24時間生産している。生産倉入れと出荷搬出は同じ倉庫であり、フォーク通路が錯綜、混雑して効率が悪かった。滋賀工場ではバッファエリアを設け1日分の生産分を貯めておき、出荷のない夜間に倉入れを行うことで、昼間の出荷作業ではフォーク通路での錯綜が減少し積み込みが早くなった。

安全対策はどのように取り組んでいるのか。

(西 社長)品質と安全は最重要項目として取り組んでいる。当社の場合は構内が中心だが、滋賀、千葉の両拠点合同で、品質向上委員会を2か月に1回開き、品質と安全の両方について指摘事項報告、前回の改善報告、破損事故の原因究明と対策など2か月間に起こったトラブルを掘り下げて水平展開する。また、品質と安全のパトロールを行い、命綱着用、タイヤ止めフックの装着確認などのほか、アサヒロジ社のフォークリフト愛車運動に習い、ぶつけず、キズをつけず、当ててもすぐペンキで修復するとか自分の車のようにフォークリフトを丁寧に扱うキャンペーンを行っている。

このほかフォークリフトオペレーターを対象に年1回、技能検定を実施。トヨタフォークリフトから講師を招いて基本動作をいかに正確に運転できるか、採点・指導してもらう。人事考課の項目にも入れて、意識が上がっているせいか、これを始めてから年々点数が向上してきた。

― 働き方改革に関しての取組みは。

(西 社長)生産性向上なくして時間短縮もできないので、いかに現状から生産性を向上させるかということだが、大手物流会社のようにマテハンを導入してピッキング機能を強化するなどは、当社の現状倉庫では難しい。バーコードスキャンなどは以前から取り組んでいるが、技術上の飛躍的な向上は足踏み状態だ。そういうこともあり、多能工化で試行錯誤している段階だ。年間休日は10年前と変わっていないが、多能工化と表裏一体で今後は日勤者を中心に年4日増やしていこうと考えている。

有給休暇の消化は今年から管理しているが、ほとんどの従業員が9月で5日以上を消化、3日以下が十数人いるので12月までには必ず3日以上取得させ、それ以降は計画付与を考えている。36協定は中小企業に適用される2021年3月からの協定が対象だが、前年だと42時間超の月が6回以上の従業員もいた。今後、個人の仕事をチーム化することが課題だ。

(聞き手:葉山明彦)


東洋ガラス物流株式会社
東京都品川区東五反田2丁目18番1号

代表取締役社長 西 俊博 
ホームページ https://www.tg-l.co.jp/index.html

経営者インタビュー「物流最前線をみる」

経営者インタビュー「物流最前線をみる」

配信頻度:隔週
物流会社がいま何を問われ、何を最重視して取り組んでいるのか。また、安全対策は…、社員教育は…。いま直面する問題にどのように対応しているのかを経営者に直接インタビュ-し、生の声をお届けします。

経営者インタビュー「物流最前線をみる」一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら