物流ウィークリー 編集長のこの1本!

運送契約の書面化 口約束で不明確な商慣行改善

契約の締結は書面がなくとも成立し、電話などによる口約束だけで法的拘束力が生じる。トラック運送業では、取引契約の書面化がされていない場合が多く、運賃や支払い期日、支払い方法などが不明確で問題のある商慣行となっている。

しかし、契約書が無い状況で問題が発生した場合、トラック運送事業者が責任を取らされることが多くなる。こうした状況を改善するため、国交省は2014年4月1日に運送契約の書面化を施行。それ以降、運送契約の書面化を推進してきたが、運送会社間での書面化が進んでいない事業者は少なくない。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/99431/


トランコムEX中日本株式会社 東海ロジスティクスセンター転勤なし!
重たい荷物の積み降ろしもなし。
ドライバー求人サイト「ブルル」→ https://www.bruru.jp

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら