物流ウィークリー 編集長のこの1本!

年商5000万円以下でもM&Aが進められた事例

今回は年商約4000万円の会社がM&Aを進めた事例を紹介します。小規模の会社でもM&Aは可能という事例です。

譲渡企業は運送会社の庸車先として事業を展開していました。社長はご高齢で、ドライバーとしては既に引退されていましたが、その会社には40代のドライバーが3名おり、「解散する訳にもいかない」とお考えでした。

会社の譲渡を検討するにもM&A仲介会社の手数料が高いと知り、お悩みのところ、弊社にご相談いただきました。結果としては、譲渡企業から少し離れた場所で事業展開する40代の若手社長が経営する運送業者様に関心を持っていただき、比較的、短期間でM&Aを進め、ハッピーリタイアをすることができました。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/blog/jmss/102146/


【PR】ドライバー求人サイト「ブルル」トランコムEX中日本株式会社 東海ロジスティクスセンター
転勤なし!重たい荷物の積み降ろしもなし。
https://www.bruru.jp

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら