物流ウィークリー 編集長のこの1本!

「標準的な運賃」告示 東京ー大阪間 大型15万5430円

「標準的な運賃」が告示された。国交省では「運賃交渉の際、目標運賃として使って欲しい」としている。

この標準的な運賃を実運送事業者が収受できれば、運送業界で長年にわたって悩みのタネであった物流課題の一つが解消される。しかし、そのためには元請けとの運賃交渉だけではなく、直荷主との運賃交渉が必要となり、直荷主に「標準的な運賃」を理解してもらう必要がある。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/102862/


【PR】コスト削減が必要ないま、低費用で車両をキレイに維持!
「オートボディプリンター」でコスト削減と収益化の両立へ
https://pr.logipress.co.jp/abp/

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら