物流ウィークリー 編集長のこの1本!

ミツカンとレンゴー ホワイト物流へ効率化実験 納入回数を約2割削減

ミツカン(愛知県半田市)とレンゴー(大阪市北区)は6月8日、共同でホワイト物流の実現に向けた取り組みを開始し、ミツカン栃木工場で使用する段ボールの物流効率化実証実験で、1日あたりの納入回数を約2割削減できることを実証したと発表。

深刻化が進むトラック運転者不足やCO2削減をはじめとした環境問題への対応の取り組みの必要性が高まる中で、両社は社会的価値の創造、全体最適の観点から、物流の諸課題を情報の緊密かつ効率的な共有で解決することを目指した実証実験を行った。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/104204/


【PR】成功事例のある運送会社の新事業です。
「オートボディプリンター」でコスト削減と収益化の両立へ
https://pr.logipress.co.jp/abp/

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら