Daily Cargo 編集長のこの1本!

東ト協海コン部会・東京港CT待機時間調査<5月>1時間未満は大井7号

日刊CARGO 2018年9月28日掲載



東京都トラック協会(東ト協)海上コンテナ専門部会は27日、5月に実施した東京港の各コンテナターミナル(CT)での海上コンテナ車両待機時間調査の結果を公表した。青海ふ頭5CT、大井ふ頭4CT、品川ふ頭3CTの計12CTが対象。輸入で搬出入全ての平均待機時間が1時間未満となったのは、大井ふ頭「7号」の1CTだった。

12CTの結果と調査したコンテナ本数は表のとおり。輸入の実入りコンテナ搬出・空コンテナ搬入の平均待機時間は、青海ふ頭が「A―1」2時間5分・2時間57分、「A―2」2時間2分・1時間7分、「A―3」1時間58分・1時間52分、「A―4」1時間20分・1時間48分、「中央防波堤」59分・1時間23分。

大井ふ頭が「2号」1時間42分・2時間1分、「4号」51分・1時間41分、「5号」1時間45分・1時間33分、「7号」52分・56分。品川ふ頭が「東海運CT」45分・1時間59分、「住友倉庫CT」1時間1分・2時間6分、「第一港運CT」1時間4分・1時間23分。

最長は青海ふ頭で2時間57分、大井ふ頭で2時間1分、品川ふ頭で2時間6分だった。いずれも前回調査(17年12月)から、大幅に改善した。

同調査は12回目。今回は東京都と神奈川、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、山梨の1都7県の各トラック協会海上コンテナ部会に所属する事業者のうち、24店社を対象として、同港でコンテナ搬出入業務を行う頻度の高い車両を1店社当たり5台をめどに選定、各CTでの並び始めとゲートアウトの時刻をドライバーが調査票に記入する方式で実施した。実施期間は5月7~25日。

なお、調査結果は東ト協のウェブサイト(https://www.totokyo.or.jp/)で確認できる。


国際物流のニュースを毎日お届け!
⇒ http://www.daily-cargo.com/

 

Daily Cargo 編集長のこの1本!

Daily Cargo 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

Daily Cargo(日刊CARGOより名称変更)
航空・海運・陸運・ロジスティクスに至る国際・国内物流情報(デイリー発行)

Daily Cargo 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら