Daily Cargo 編集長のこの1本!

内海フェリーが草壁航路休止 国際両備フェリーが経営権譲受 池田航路に集約へ

Daily Cargo  2020年9月15日掲載

 

両備グループは11日、国際両備フェリーが、高松港と香川県小豆島の草壁港を結ぶフェリーを運航する内海フェリーの全株式と経営権を引き受けたことを明らかにした。同日、両備グループの小嶋光信代表兼CEOらが会見し、説明した。足元では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、船舶による旅客輸送需要が低迷している。内海フェリーもコロナ禍の影響などを受けて、経営が立ち行かなくなっていた。内海フェリーの高松-草壁航路は今年度末に休止し、来年度からは両備グループの国際両備フェリーが運航している高松-池田航路に集約する。

両備グループの国際両備フェリーが8月31日に、内海フェリーの全株式と経営権を譲受した。これに伴い、内海フェリーの新社長に国際両備フェリーの田邉学専務執行役員が就いた。従業員は希望者全員を継続雇用する。

内海フェリーは高松-草壁間でフェリー「ブルーライン」を1日5便運航する。しかし、コロナ禍により、前年と比べ約6割の減収となっていた。加えて新造フェリーを整備したものの、旧船の売却が進まず、資金繰りが悪化した。今年7月には両備グループへ正式な経営支援の依頼を行っていた。新型コロナウイルスの感染拡大以降、フェリー定期航路運航船社の経営が行き詰ったことが明らかになったのは全国初とみられる。同社は国土交通省四国運輸局に、高松-草壁間の一般旅客定期航路事業休止の届出を行っており、11日に受理された。来年3月をもって同航路は休止となる。

両備グループは現在、国際両備フェリーが新岡山-土庄航路と高松-池田航路を、瀬戸内観光汽船が岡山日生-大部航路を運航している。今回、国際両備フェリーが内海フェリーの全株を引き受け、航路を再編して受け継ぐこととなった。具体的には、高松-草壁航路の休止に伴い、来年度から国際両備フェリーの高松-池田航路を2便増の計10便体制とする。航路を集約することで、小豆島への輸送需要に対応する。池田港と草壁港は同一町内にあり、両港間の距離は約8キロ。そのため、「若干の距離的な差はあるが、小豆島町全体としての利用客にとっても大きな立地的不便にならない。運賃もほぼ同一である、経済的負担も変わらない」(両備グループ)とする。


国際物流のニュースを毎日お届け!
⇒ http://www.daily-cargo.com/

Daily Cargo 編集長のこの1本!

Daily Cargo 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

Daily Cargo(日刊CARGOより名称変更)
航空・海運・陸運・ロジスティクスに至る国際・国内物流情報(デイリー発行)

Daily Cargo 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら