セミナー講座カレンダー
  • セミナー・講座の開催予定は、変更の可能性がございます。変更の際は、参加申込者に個別にご連絡申し上げます。
1
2
3
4
5
6
人の動かし方~コーチング活用で能力アップする方法とは? 4:00 PM
人の動かし方~コーチング活用で能力アップする方法とは?
4月6日 @ 4:00 PM – 5:00 PM
≪物流事業者経営 虎の巻シリーズ≫ 物流企業にとって最も重要な資産である人材は、適切な育成指導が大事な要素となります。勝ち残る物流企業となるためには、人材育成による差別化が必要です。生産性の向上によって生み出される差別化は、企業を強くすることができ、競争激化の今日欠くことができません。そのためには日々の現場での生産性の向上がなければ物流企業全体としての差別化はできまないのは周知の事実です。コロナウィルス拡大による物流企業への影響は決して小さくはありません。物流業を取り巻く様々な課題を検証していく物流企業経営虎の巻シリーズ、今回は物流業における人の動かし方、コーチングによる人材のレベルアップ手法にフォーカスを当てていかにして人を気持ちよく働いてもらえるようにするのか、社員のモチベーションの向上を具体化する方法、どうすれば社員が前向きに頑張ってくれるようになるのか、その方法を考えます。 人が働くにはその目的、使命感が必要です。仕事へのモチベーションを持つために必要なことばまず目的を明確にし、その目的に向かって努力するべき目標の定め方にあります。 勝ち残る企業からその人材戦略における秘訣を学び経営に生かすための手法を解説いたします。課題解決に向けてのその手法がわかれば後は実践あるのみです。 <こんな方にお勧めです!> 厳しい経営環境の中で、人の定着ができず、対策をどこからはじめればいのか、どこから手を付けてよいかわからない。 社員力を高めるポイントがモチベーションにあることから、そのモチベーションの高め方を知りたい、幹部の能力を高め、リーダーシップを発揮できるようにすることで、現場の活力と生産性を高めていきたい物流企業。 人材育成や研修などで課題が多く、会社全体で体系化や方針を明確にしなければならない企業、本当に勝ち残る物流企業にしたいと願っている経営者・幹部の人 <こんなことが期待できます!> 社員の定着が進み生産性向上が期待できます。 社員のレベルアップのための研修や人事制度の在り方など参考にできます。 勝ち残り企業からのそのノウハウを学び、事業の活性化に役立てることができます。 差別化戦略を構築する上での必要な人材育成や研修カリキュラムが整理できます。 会社を明るく元気にするためのポイントを知ることができます。 開催日 2021年4月6日(火) 開催時間 16:00~17:00 会場 オンライン(Webセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日 2021年4月6日(火)12:00 参加費(税抜) 5,000円 /1名様 定員 100名 プログラム…
7
8
9
10
11
12
物流センターにおける改善技術とは? 4:00 PM
物流センターにおける改善技術とは?
4月12日 @ 4:00 PM – 5:00 PM
センター長には果たすべき、重要なミッションが3つあります。①収益を最大化する事、②部下の育成を果たす事、③コンプライアンスの遵守であると認識していますが、なんといっても“現場力”を強くする改善技術を学び、収益を最大するための具体的方法を習得しなければなりません。その為には、自分が改善を実施するのではなく、現場主導の改善技術を徹底的に教え込む必要があります。 <こんな方にお勧めです!> センター長として、改善を進めたいがどう進めてよいかわからない。 同業態者に負けない、“現場力”を強くしたいと考えている。 経験と勘で改善を進めてきたが、部下に進めるにはどうすればよいかわからない。 できれば、現場が主導的に改善活動に取り組んでほしいと思っている。 高い生産性を実現して、生き生きと仕事をし欲しいと思っている。 <こんなことが期待できます!> 現場が主導的に改善活動や意見を言えるような体制になる。 自分たち力で、何をどれくらい改善すればよいか目標設定ができるようになる。 目標数値に対して、日々の改善効果が検証できるようになる。 チーム全員が改善活動に取り組めるようになり、活気ある職場が実現できる。 チーム内でのコミュニケーションが活発になり、効果的な改善活動ができるようになる。 開催日 2021年4月12日(月) 開催時間 16:00~17:00 会場 オンライン(Webセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日 2021年4月12日(月)12:00 参加費(税抜) 5,000円 /1名様 定員 100名 プログラム 16:00…
13
たった1時間でメーカー荷主を振り向かせる秘策が身につく! 4:00 PM
たった1時間でメーカー荷主を振り向かせる秘策が身につく!
4月13日 @ 4:00 PM – 5:00 PM
メーカー荷主はよく勉強しています。付け焼刃の営業では振り向いてもらうことは難しいでしょう。相手以上に勉強していれば会話になりますが、そうでない場合は・・・。 でも安心して下さい。今回のセミナーで入手するツールは相手を振り向かせるだけでなく、営業マンが相手にとってコンサルタントに映ることも考えられます。 メーカーに対する営業ではいくつかのキラーワードを会話の中に散りばめると効果的です。 「おっ、この物流会社はちょっと違うな」 こう相手に思わせることが重要なのです。 そのためには・・・ メーカーが常に気にしている、 「自社の物流水準は世の中に比べて進んでいるのかどうか」 「自社の物流が向上しているのかどうかをどのように測ったらよいのか」 「自社が物流改善するにはどこに目を付けたらよいのか」 といいう疑問に対して応えられるツールが必要です。 それが物流KPIです。 今回はメーカーに対する営業時のキラーワードと成りうる物流KPIについてお教えします。 さあこのツールを持って営業活動に出かけましょう! ライバル会社がやっていない「今がチャンス」です!! <こんな方におすすめです!> ● 荷主に頼られる存在になりたいと考えている物流会社の経営者 ● 荷主との会話が弾むきっかけを欲しいと思っている物流会社の管理者 ● メーカー荷主に営業に行ってもなかなか受注できずにいる物流会社の営業マン ● 物流の実力を定量的に把握したいと思っている荷主会社の担当者 <こんな成果が期待できます!> ● 元荷主会社の物流窓口責任者の生の声を聴くことで営業拡大につなげられます ● たった1時間の中で荷主会社の喜びそうな情報を5個以上知ることができます ● あまりなじみのない「KPI」についての正しい知識を知ることができます ● 物流の実力向上の糸口をつかむことができます。 開催日 2021年4月13日(火) 開催時間 16:00~17:00 会場…
14
15
16
正しい目標設定はドライバーのやる気を引き出す 4:00 PM
正しい目標設定はドライバーのやる気を引き出す
4月16日 @ 4:00 PM – 5:00 PM
物流事業者 “虎の巻技術編シリーズ” ドライバーの仕事は単調になりがちで、仕事もマンネリ化する傾向があります。安全に対しても、漠然とした目標だと、常に心掛けているので何をどうすればよいか、具体的な目標がなければやる気が出ないものです。しかし、この“目標”は自分が受け取らなければ”ノルマ“になってしまう傾向があります。これではやる気は出ません。目標値を自分自身で立てれる技術を身につけてもらう必要があります。 <こんな方にお勧めです!> ドライバーがやる気になるにはどう指導をすればよいかかわからない。 いつも厳しい目標を達成を要求されているので困っている責任者の人。 チームが一つになって、主導的に活動できるようになってほしいと思っている人。 具体的な目標設定をどのようにすればよいかわからないと悩んでいる人。 ドライバーの個人目標設定をどうすればよいか悩んでいる人。 <こんなことが期待できます!> ドライバーとのコミュニケーションがよくなり、自主的な目標設定できるようになる。 目標達成に向けた改善活動ができるようになり、チームに意見が言えるようになる。 チーム内でのチームワークがよくなり結束が固くなる。 営業所長に信頼され、困ったことや改善手法の相談がくるようになる。 日々の仕事が楽しくなり、会社を辞めるドライバーが少なくなる。 開催日 2021年4月16日(金) 開催時間 16:00~17:00 会場 オンライン(Webセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日 2021年4月16日(金)12:00 参加費(税抜) 5,000円 /1名様 定員 100名 プログラム…
17
18
19
運送事業における物流改善技術とは? 4:00 PM
運送事業における物流改善技術とは?
4月19日 @ 4:00 PM – 5:00 PM
責任者には果たすべき、重要なミッションが3つあります。①収益を最大化する事、②ドライバーの育成を果たす事、③コンプライアンスの遵守であると認識していますが、なんといっても“チーム力”を強くするための改善技術を学び、収益を最大するための具体的方法を習得しなければなりません。その為には、個人プレーにや成果主義的な仕事になりがちな輸配送を”チーム一丸となって“に向かわせる改善技術を徹底的に指導をする必要があります。 <こんな方にお勧めです!> 責任者長として、改善を進めたいがどう進めてよいかわからない。 同業態者に負けない、“セールスドライバー”を育てたいと考えている。 経験と勘で改善を進めてきたが、部下に教えるにはどうすればよいかわからない。 できれば、ドライバーが主導的に改善活動に取り組んでほしいと思っている。 ドライバー一人一人が高い生産性を実現して、生き生きと仕事をし欲しいと思っている。 <こんなことが期待できます!> ドライバーが主導的に改善活動や意見を言えるような体制になる。 自分たち力で、何をどれくらい改善すればよいか目標設定ができるようになる。 一人一人が目標数値に対して、日々の改善効果を検証ができるようになる。 チーム全員で改善活動に取り組めるようになり、活気ある職場が実現できる。 チーム内でのコミュニケーションが活発になり、効果的な改善活動ができるようになる。 開催日 2021年4月19日(月) 開催時間 16:00~17:00 会場 オンライン(Webセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日 2021年4月19日(月)12:00 参加費(税抜) 5,000円 /1名様 定員 100名 プログラム 16:00…
20
21
22
23
24
25
26
たった2時間で理解できる魔法のツール 2:30 PM
たった2時間で理解できる魔法のツール
4月26日 @ 2:30 PM – 4:30 PM
このような悩みを抱えている物流会社の経営者やメーカー・卸の物流管理者に! もしかして御社の物流現場の管理はまだ勘と経験によってなされていませんか?もしそうだとしたらあらゆる面で大きな損をしている可能性があります。なぜなら必要以上の作業人員や必要機器を投入しているとともに、低生産性の実態に気づいていないからです。これを解決するツールが「物流標準時間」です。まさに魔法のツールと言っても過言ではないでしょう。 「でも標準時間ってなんとなく難しそう・・・」 こう感じていらっしゃる方も多いかもしれません。 「物流に標準時間を導入することはムリなんじゃないの?」 このように思われている方もいることでしょう。 でもはっきり言ってこれは「誤解」です。 標準時間は難しくないし、物流現場には相性の良いツールなのです。 だからこそ今回のセミナーで「物流標準時間」の基礎知識を身に付けてしまいましょう。たったの2時間で理解できるようにやさしく解説いたします。実際に導入するかどうかはこれをお聞きになってから判断されればよろしいでしょう。他社が知らない今こそがチャンスです。 物流人員の適正性や生産性を判断するツールとしての標準時間について、物流専門のIEr(Industrial Engineer)がわかりやすく解説いたします! <こんな方にお勧めです!> 部下に物流をしっかりと管理させたいと考えている経営者、管理者 物流現場を数字で把握したいと思っている物流担当スタッフ 顧客に科学的・理論的に物流を実施していることをPRしたい物流会社の管理者 製造現場と同様に物流現場のパフォーマンスを評価したいと思っている工場管理者 <こんなことが期待できます!> “物流作業”を数字で評価・管理することができるようになります 物流現場の作業人員や必要機器の正確な必要数がわかるようになります 正確な生産性を把握でき、驚くほどの改善余地が見つかります 顧客に物流商品の適正な価格を提示できるようになります 開催日 2021年4月26日(月) 開催時間 14:30~16:30(2時間) 会場 オンライン(Webセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日…
27
28
29
30
セミナー・講座に関するお問い合わせはこちら