セミナー講座カレンダー
  • セミナー・講座の開催予定は、変更の可能性がございます。変更の際は、参加申込者に個別にご連絡申し上げます。
1
<若手経営者・幹部候補>第15期 物流経営塾 4:00 PM
<若手経営者・幹部候補>第15期 物流経営塾
7月 20 2023 @ 4:00 PM – 6月 20 2024 @ 5:00 PM
<若手経営者・幹部候補>第15期 物流経営塾
            ◆◆ 満員御礼 ◆◆                     お申込を締切りました 物流経営塾とは 物流業界を取り巻く厳しい環境を勝ち抜く為に必要な、高度な専門知識と企画・実行力、リーダーシップ力を学ぶ場として、若手経営者や幹部候補者の育成を目的とした月に1回(計12回)の講座です。 長尾定一 名誉塾長より引き継ぎ、第6期より弊社主催で開催しておりましたが、新型コロナの影響で、2020年~2022年まで休止とさせていただきました。 この度、新型コロナウイルス感染症が5月8日より第5類へ移行を受け、7月~第15期物流経営塾として再開致します。経営塾にご興味がある方、お試し的に参加してみたいという方向けに、オープン前プレセミナーもございますので、併せて下記をご覧ください。(オープン前プレセミナー満員御礼) ※講師・内容は変更になる可能性がございます。未定の箇所は確定次第、更新します。 物流経営塾 日程 テーマ 講師 オープン前 プレセミナー 2023年6月29日(木)   ※申込み終了※ 物流の世界で人を率いるリーダーとは <満席> オープン前プレセミナー申込書 代表主席研究員 岩﨑仁志 第1回目 2023年7月20日(木) ・2024年問題への対応 ・物流企業の課題と現状分析 主任研究員 野崎律博 代表主席研究員 岩﨑仁志 第2回目 2023年8月24日(木) ・効果的な情報システムの活用方法 ・運賃交渉の進め方…
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
2024年問題のその後を探る~運賃交渉はどう進んでいるか 4:30 PM
2024年問題のその後を探る~運賃交渉はどう進んでいるか
5月13日 @ 4:30 PM – 5:30 PM
物流企業経営虎の巻シリーズ 物流企業にとって最も重要な問題と言われている2024年問題、以前この問題への対応についてかんがえました。その2024年問題対応を確実に実行するには、運賃値上げは必須となります。2024年問題と言われる総労働時間規制がスタートして1か月余り、どのようになっているか検証してみます。ドライバーの雇用を維持するためにはこれ以上の給与値上げ、政府が言明した10%の引上げはもちろん、雇用確保にはさらなる待遇改善が必要です。長時間労働によって給与を確保してきたドライバーに労働時間が減少しても給与を確保するための運賃値上げ、適正運賃の収受を優先して行なう重要課題です。 運賃は値上げしたいが、どうやれば良いのかわからない、という経営者・幹部の方も少なくないのではないはず。今回は1カ月を経て、どのように各社で交渉が進み、運賃改定ができているか、そして2024年問題対策をどのように取組んでいるかを検証してみます。運賃値上げが上手くできていない事業者でもこのオンラインセミナーを参考に進めていただきたいと願います。 <こんな方にお勧めです!> 運賃交渉を進めたいが- 何を根拠に交渉を始めたら良いのか 口頭で伝えたが取り合ってもらえない どのくらいの金額を提示すべきか 荷主企業との関係性を悪くしたくない 正式な契約書がなく、提供サービスが不明確などのお悩みを持つ方々 <こんなことが期待できます!> 難しい運賃交渉を進める上でのやり方を学ぶことができます。 課題となる2024年問題への対応を踏まえ、どのように運賃交渉すれば良いか理解できるようになります。 運賃値上げの成果で社員待遇改善が進み、定着がと生産性向上が期待できます。 社員のレベルアップのための研修や人事制度の在り方など参考にできます。 会社を明るく元気にするためのポイントを知ることができます。 開催日 2024年5月13日(月) 開催時間 16:30~17:30 ※いつもと開催時間が異なりますのでご注意ください 会場 オンライン(Zoomセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日 2024年5月13日(月)12:00 参加費(税抜) 5,000円 /1名様  ※ジャパントラックショーサポーターズ企業様は受講特典がございます。 お申込み時の備考欄に”サポーターズ”とご記入ください。…
14
15
【物流センター編】社員が喜んで協力するDX化とは? 4:00 PM
【物流センター編】社員が喜んで協力するDX化とは?
5月15日 @ 4:00 PM – 5:00 PM
<物流センター編> 2024年問題は物流業界の変革を求める政策であり、各省庁が協力して進めています。同時に物流業界にもこれまでのような、コストありきの実行系だけでは生き残れないと感じております。物流業を魅力ある業種にするには、労働に対する正当な対価を支払うような仕組みが重要です。その為には、一人当たりの生産性を飛躍的に上げる必要があります。そこで絶対的に必要になるのが、業務のDX化です。物流業が最も不得意な分野と言えるでしょう。しかし避けて通れないと認識すべきです。正しいDX化を進める為に何をするべきか検討しましょう。  ≪こんな方にお勧めです!≫ DX化は分かるが、何をどうしていけばよいかわからない DX化して本当に効果があるのか、多いに疑問がある システムが溢れてて、話を聞いてもどれが自社に合っているかわからない 現状、動いているシステムが機能しているかどうかもわからない 開催日 2024年5月15日(水) 開催時間 16:00~17:00 会場 オンライン(Zoomセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日 2024年5月14日(火)17:00 参加費(税抜) 5,000円 /1名様 定員 100名 プログラム 16:00 ~ 17:00 講演 「【物流センター編】社員が喜んで協力するDX化とは?」 ~生産性を上げるためにはDX化が欠かせない~ 講師:一般社団法人…
16
17
18
19
20
21
22
【運送業編】ドライバーの所得アップは事務のDX化しかない! 4:00 PM
【運送業編】ドライバーの所得アップは事務のDX化しかない!
5月22日 @ 4:00 PM – 5:00 PM
 <運送業編> 経済産業省が進めている「持続可能な物流の実現に向けた検討会」の最終報告にもあるように、今回の改革のゴールは“ドライバーの所得向上”にあります。これが実現できない運送会社は、間違いなく淘汰されることは容易に想像できます。ドライバーにとって魅力ある事業者かどうかが選択の基準になるからです。しかし、今後も荷主が必要十分な運賃を払ってくれるとはとても思えません。では、どうするか?ドライバーしか出来ない仕事以外は、徹底したDX化が求められるという事です。その為にやるべき事は何か?ドライバーの所得アップの為のDX化を明確に宣言して、確実に実行する事です。  ≪こんな方にお勧めです!≫ 色々な荷主がおり、どのようにDX化を進めればよいかわからない 業界には色々なシステムがあり、どれが自社に合っているかわからない 本社と現場の権限が分かれており、やる事が違う為に意見が合わない 配車担当者を含めて、ドライバーもDX化に協力的ではない 開催日 2024年5月22日(水) 開催時間 16:00~17:00 会場 オンライン(Zoomセミナー) 主催 国際物流総合研究所 申込締切日 2024年5月21日(火)17:00 参加費(税抜) 5,000円 /1名様 定員 100名 プログラム 16:00 ~ 17:00 講演 「【運送業編】ドライバーの所得アップは事務のDX化しかない!」 ~ドライバーしかできない仕事以外は、すべてDX化~ 講師:一般社団法人…
23
24
25
26
27
28
29
30
31
セミナー・講座に関するお問い合わせはこちら