物流ウィークリー 編集長のこの1本!

老化現象による運転技術の変化

ドライバーの平均年齢は、他業種と比較して3~5歳ほど高く、大型で7.5歳、中小型で45.4歳となっており、今後ますます高齢化は進むと思われる。すでに事業者によっては70代や80代のドライバーがいる所もある。長く運転してきた彼らを「ベテラン」と呼ぶのだろうが、「体の老い」は確実にやってくる。高齢者となったドライバーの運転は、どう変化するのか。

高齢者安全運転支援研究会(東京都)の平塚雅之氏は「視野狭窄や認知機能、深視力(立体視能力)などが衰える」と指摘する。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/46246/


ドライバー不足対策!トラックドライバー求人サイト【ブルル】
⇒ https://www.bruru.jp

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら