Daily Cargo 編集長のこの1本!

津軽海峡フェリー 6月に新造フェリー就航 4隻シリーズ出そろう

Daily Cargo  2020年1月20日掲載

 

津軽海峡フェリーは6月、青森-函館航路に新造フェリー「ブルールミナス」を就航させる。17日発表した。現行船「ブルードルフィン2」の代替となる。同航路では2010年にカジュアルクルーズフェリーを就航させて以降、14、16、17年とフェリーの入れ替えを実施してきた。今回、新たに新造船が就航することでシリーズ4隻が出そろうこととなり、全船同型の客室になり、統一したサービスの提供が可能となる。

同船は内海造船瀬戸田工場で建造されており、今月9日に進水式が行われた。14年に同航路に就航した「ブルーマーメイド」、16年に就航した「ブルードルフィン」、17年に就航した「ブルーハピネス」と同型船となる。約8800総トン(現行船は7003総トン)、全長約144メートル(同約137メートル)と大型化する。定員は583人(同586人)、積載台数はトラック71台または乗用車230台(同トラック65台または乗用車200台)。航海速力は現行船と同様に約20ノットとなる。

船名は、コーポレートカラーで津軽海峡をイメージする「ブルー」と、「輝く・明るい」という意味の「ルミナス」を組み合わせて命名。穏やかで光り輝く海、晴天での気持ちの良い船旅をコンセプトに、お客さまや津軽海峡エリアに明るい未来をもたらすフェリーを目指す方針だ。プライベート空間でのんびり過ごせる個室や、足を伸ばしてくつろげるイス席など多様な船室も用意。「キッズルーム」や愛犬と船旅が楽しめる「わんこ対応施設」、バリアフリー対応など、さまざまなニーズにあわせて利用できる。

また、災害時多目的船として、大規模災害時には救助活動に寄与できる設備を搭載。1機1軸2サイクルの主機関と異型可変ピッチプロペラの採用により、燃料消費量やCO2排出量を削減する。正式な就航日などの詳細については後日公表する予定だ。


国際物流のニュースを毎日お届け!
⇒ http://www.daily-cargo.com/

Daily Cargo 編集長のこの1本!

Daily Cargo 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

Daily Cargo(日刊CARGOより名称変更)
航空・海運・陸運・ロジスティクスに至る国際・国内物流情報(デイリー発行)

Daily Cargo 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら