Daily Cargo 編集長のこの1本!

上海港 新型肺炎影響で2月コンテナ20%減 リーマン・ショック以来の2桁減

Daily Cargo  2020年3月17日掲載

 

世界最大のコンテナ港湾である上海港が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、コンテナ取扱量を大きく減らしている。上海国際港務集団(SIPG)によると、今年2月のコンテナ取扱量は前年同月比19.5%減の229万8000TEUとなり、大幅に減少した。月間ベースで2桁減となるのはリーマン・ショック後に貨物が落ち込んだ2009年8月の14.4%減以来となる。一方で、足元では生産活動の再開に伴ってコンテナ荷動きも戻りつつあり、中国港湾協会などによると、直近の中国主要港でのコンテナ取扱量は回復傾向にあるようだ。

SIPGが公表する統計によると、上海港のコンテナ取扱量は昨年12月から3カ月連続で前年実績を割り込んだ。3カ月以上連続で減少するのも09年以来となる。今年に入ってからは1月が3.9%減、2月が19.5%減となり、1~2月累計では前年同期比10.6%減の590万TEUとなっている。

同港は、19年通年実績で過去最高の4330万TEUを記録していた。


国際物流のニュースを毎日お届け!
⇒ http://www.daily-cargo.com/

Daily Cargo 編集長のこの1本!

Daily Cargo 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

Daily Cargo(日刊CARGOより名称変更)
航空・海運・陸運・ロジスティクスに至る国際・国内物流情報(デイリー発行)

Daily Cargo 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら