物流ウィークリー 編集長のこの1本!

岐阜梱包「ユニボ」で点呼支援、実証実験をスタート

岐阜梱包(堀部友里社長、揖斐郡大野町)は3月5日、ナブアシスト(望月明夫社長、群馬県前橋市)の卓上型小型ロボット「ユニボ」を使用した点呼支援システム、「Tenko de unibo」の実証実験を開始。18日までの期間で実施された。

「Tenko de unibo」は、富士通のロボットAIプラットフォームをベースにナブアシストが運送事業者向けに開発したもので、点呼時における基本事項のチェックをロボットが行うことで、管理者の負担軽減や業務の平準化に寄与する。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/101589/


【PR】新潟県糸魚川市〜埼玉県上尾市(340km) 4tユニック 50,190円

その運賃に自信がありますか?
適正運賃算定サイト「BESLOGI.com」
https://www.bruru.jp/beslogi/

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら