物流ウィークリー 編集長のこの1本!

大黒倉庫 鶴見物流センターで安全管理の実証実験開始

大黒倉庫(安田靖社長、横浜市鶴見区)とNTT東日本神奈川事業部は9月7日、大黒倉庫の鶴見物流センターで、作業員の倉庫内における作業時の転倒や猛暑での安全・健康を見守るため、ウェアラブル端末等を使って安全管理IoTサービスの有用性を検証する実証実験を、同日から10月9日まで実施すると発表。

港湾エリアでの倉庫作業は、海に隣接した作業場において各社員が広範囲をカバーすることが多く、転倒や転落による怪我など安全管理には特に注意が必要になる。

続きはこちら⇒ https://weekly-net.co.jp/news/106900/


【PR】導入企業が続々増えています。
「オートボディプリンター」でコスト削減と収益化の両立へ
  ⇒ https://pr.logipress.co.jp/abp/

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

物流ウィークリー 編集長のこの1本!

更新頻度:1回/週
専門新聞社の編集長が選ぶ、おすすめ記事”今週の1本”を掲載

物流ウィークリー
物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの総合専門誌(毎週月曜日発行)

 

物流ウィークリー 編集長のこの1本!一覧へ
当社へのお問い合わせはこちら